category_tag_icon

清川寧子

【生理痛・PMS】痛みの種類と対処法

清川寧子

レディースクリニックK 院長
日本美容皮膚科学会会員
抗加齢学会認定医
サーマクール認定医
日本産婦人科学会会員
産業認定医
母体保護法指定医 等

獨協医科大学卒業。
大学病院をへて産科、婦人科臨床医療に従事。
エイジングケア、メディカルスキンケアまで総合女性診療科の立場で診療にあたる。

月経に関連して、生理痛や排卵痛、PMSの症状などにお悩みの方も多いかと思います。
痛みの種類と、その対処方法について、ご説明します。

キャプション画像

生理痛(月経痛)とは?

生理中は子宮を収縮させ、剥がれ落ちた子宮内膜を血液とともに体外へ押し出す「プロスタグランジン」が分泌されます。この「プロスタグランジン」の分泌量が多いと、子宮の収縮が過剰に行われ、下腹部や腰の痛みを感じてしまいます。これを一般的に「生理痛(月経痛)」と呼んでいます。

「生理痛」の度合いは人それぞれで、痛くてお薬(鎮痛剤など)を服用しないと生活できないという方もいれば、ほとんど痛みを感じない方もいます。

月経困難症とは?

強い月経痛があり、日常生活に支障をきたすような場合は、「月経困難症」の可能性も考えらます。症状としては、腹痛のほか、腰痛、嘔吐、貧血、頭痛、食欲不振などが挙げられます。
痛みは無理に我慢せずに、痛み止め(鎮痛剤)を服用しましょう。痛みを感じてから服用するよりも、痛みを感じる前に服用した方が、作用が期待できます。
もしかすると自分は「生理痛(月経痛)」がひどいのかも…と感じている方は、一度婦人科で相談してみましょう。鎮痛剤のほか、漢方薬や低容量ピルなど、ご自身の状況に合わせた処方を案内してくれます。

PMS(月経前症候群)とは?

最近は、生理中よりも、その前の期間の方が辛いという女性の声も多く聞かれるようになりました。それが月経前症候群、「PMS」です。

PMSは、排卵から次の生理がはじまるまでの間に、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が減ることも原因のひとつとされています。
症状はさまざまで、腹痛、腰痛、頭痛、肩こり、むくみ、冷え、肌荒れ、便秘、耳鳴りなどの体の症状や、イライラ、気分の落ち込み、疲労感、不安感、眠気などの心の症状が、生理の約3〜10日前に起こります。

また、身体的な症状はPMSと似ていますが、精神面での変化が強く現れる月経前不快気分障害(PMDD)という症状もあります。些細なことでイライラしてしまい、怒りっぽくなったり、自分ではコントロールができないくらいの激しい感情を抱いてしまうことも。本人も、周囲もそのことに気づかず、人間関係に誤解が生じてしまうこともあります。
PMSもPMDDも、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が減ることだけではなく、ストレスなど多くの要因から起こると言われています。

PMSの症状が深刻になると、低容量ピルなどで排卵を抑え、女性ホルモンを安定させることによって症状を抑制するという治療を行います。症状の程度によって治療も異なりますので、婦人科で相談することをおすすめします。

キャプション画像

痛みと向き合う方法

まずご自身の月経周期を記録し、自分の体がどのような状態にあるかを客観的に知る指標にしましょう。
周期を把握することは、月経痛やPMSの症状を和らげることにも繋げられます。体調や心が優れないときは人と会うのをなるべく避けたり、大事な仕事のスケジュールを調整したりすることができます。また、パートナーなど親しい人には、生理痛やPMSのことを打ち明けて、理解してもらうこともサポートになると思います。

また、月経前は、血流が滞りがちです。ウォーキングやヨガなど適度な運動は、月経痛緩和が期待できるでしょう。

例えば、生理痛がひどい方は、生理前から体をなるべく冷やさないようカイロを持ち歩いたり、湯船にいつもよりもゆっくり入るようにしてみる。PMSの症状がある人は、なるべく予定を詰め込まず、早めに帰宅して十分な睡眠とバランスのとれた食事を心がけ、ストレスを溜めないようにする。
基礎体温や、痛みの症状、感情の変化を記録しておきましょう。簡単な一言メモだけでも十分です。1カ月の中で、自分の体調がどのように変化するのかをチェックするだけで、症状を重くしない工夫ができるので、ぜひ記録をつけるようにしてみてくださいね。

▼生理記録はこちら

キャプション画像

出典:finc://mypage/menstruation

#生理 #生理記録 #月経 #月経リズム #女性ホルモン #基礎体温 #PMS #生理痛 #医師監修

投稿ID:4969