category_tag_icon

MEN'S FiNC

ニオイのケアは食べ物から始めよう

MEN'S FiNC

男性ならではの健康課題にアプローチ! トレーニング、生活習慣の改善、ダイエット、パフォーマンスUP術などをお届けします。メンズユーザーの方は、ぜひフォローしてください。

日頃から気をつけたい「体のニオイ」。
特に夏は汗をかきやすく、よりニオイに敏感になる季節ですよね。また、スメルハラスメントという言葉があるくらい、ニオイマナーへの意識が必要になりました。

今回は、多くの男性の悩みである加齢臭などのニオイの原因や食事からできる予防方法について紹介します。

ニオイの原因は汗じゃない?

体のニオイといえば真っ先に「汗」や「皮脂」をイメージするかと思いますが、実は体内から分泌された直後の「汗」は、ほとんど臭いません。原因となっているのは、肌の表面にいる常在菌。この常在菌が、汗をエサとして摂り入れ、代謝・分解することで、悪臭が発生するのです。また、加齢臭は、年齢を重ねていくにつれて酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸や脂質の分泌が増えることで、体臭成分の1つであるノネナールが発生し、ニオイの一因になると考えられています。

キャプション画像

ニオイの種類と発生部位

体のニオイは、主に「汗臭」「脂臭(*1)」「加齢臭」と3種類あると言われており、ニオイの種類や発生する部位が異なります。

どの年代にもみられるのが「汗臭」

どの年代でも発生しやすいニオイは「汗臭」です。主に皮膚や衣服の不衛生によって、ニオイが発生します。また、わきなどの汗がかきやすく、高温多湿の環境になりやすい場所は、ニオイが発生しやすくなります。
デオドラントで、気になる場所をケアしましょう。

男性に発生しやすい「脂臭」

男性は皮脂が多いので、女性よりの「脂臭」が発生しやすいとされています。脂臭は、汗に含まれる乳酸を常在菌が代謝・分解して、酸化した皮脂と混ざり合うことで発生します。主に頭頂部からうなじにかけて発生することが多く、古い油のようなニオイがします。
枕の汚れやニオイが気になったら、脂臭が原因の可能性も。

40代以降は「加齢臭」

40代以降に発生しやすいニオイは「加齢臭」です。前述にもあるように、過剰に分泌された皮脂が酸化することでニオイが発生します。加齢臭は男性に多いイメージですが、女性も閉経するタイミングで男性ホルモンの影響を受けやすくなり、皮脂の過剰分泌が起きてニオイを発生するようになります。
背中や胸部など、体幹を中心とした部位に発生しやすいのが特徴。汗をたくさんかいた自覚がなくてもニオイが生じるので、清潔に保つことを心がけましょう。また、ジャケットやスーツなどにもニオイが蓄積しやすいので、衣類用の消臭・除菌スプレーでケアするのがおすすめです。

ニオイを防ぐ「食べ物」は?

キャプション画像

ニオイのケアは、入浴時にしっかり体を洗浄し肌を清潔に保つことが基本です。汗を洗浄できない外出先などでは制汗シートなどの体臭対策製品等を用いるのもいいでしょう。また、食事もニオイと関係があると言われているため、日々の食生活を見直すことも大切です。
ニンニクなどの食べ物そのものから強い匂いが発生している食品はもちろん、油っこい料理や脂質・たんぱく質の多い動物性食品(牛・豚・鶏などの肉類やチーズなどの乳製品)を過剰に摂取することでも、ニオイが発生しやすくなると言われています。これらの食品は、食べ過ぎることで悪玉菌の増殖を促し、腸内環境が悪化しやすくなります。そうすると、体の中の老廃物の排泄がスムーズにいかなくなり、ニオイの原因となる可能性もあります。
そのため、油っこい料理や脂質・たんぱく質の多い食品の過剰摂取は避けるようにしましょう。
腸内環境を整えるために、食物繊維やオリゴ糖が含まれる野菜類・海藻類・きのこ類や乳酸菌が含まれるヨーグルトなどを意識的に取り入れてみてください。

ニオイは日々のケアが大切

ニオイのケアは、日々意識して行うことが大切です。
日頃から体を清潔に保つことや、適度な運動・バランスの取れた食生活にも、気をつけながら過ごすようにしましょう。

▼今日は何食べた?食事記録でチェックしよう!

キャプション画像

出典:finc://food_post

*1・・・汗臭でも加齢臭でもない、男性に多くみられる脂のようなニオイのこと。

#ニオイ #臭い #体臭 #加齢臭 #汗 #食事 #食事記録 #2020 #今こそカラダ

投稿ID:5019