category_tag_icon

作成日:2018/12/09

秋、なんとなく寂しくなったときには、アロマを。

夏が終わって、物悲しい気持ちにならない?

岡野真弥

フィトセラピスト(植物療法士)
ヨガインストラクター

渋谷のラジオ 毎週金曜 𝟤𝟣:𝟢𝟢-𝟤𝟣:𝟥𝟢

ハーブ&スパイス・アロマ・薬膳・ヨガ等
を活用したセルフケア法を広める活動を
ワークショップや企業研修、商品開発等を通して
行なっています✨

モットーは心地よく、楽しく、美味しく♩

【HP】https://www.mayapr8.jp/
【Instagram】@mayapr8

秋になると、気温も下がり、日が暮れるのも早くなっていき、何となく物悲しい気持ちになりませんか?

「愁」という漢字に「秋」という字が使われているように、このことは古来から人々が感じてきた自然な現象です。

そこで、今回は3つのシーン別に、物悲しい気持ちを緩和する効果が期待できるアロマをご紹介します。

~・~・~・~
◆ネロリ精油
~・~・~・~
心を穏やかに、静かな気分をもたらします

ビターオレンジの花から抽出される精油。
高価な精油なので、同じビターオレンジの木から抽出された「プチグレン」で代用するのもおススメです。

~・~・~・~・~
◆ジンジャー精油
~・~・~・~・~
疲労を改善したいときや、背中を押して欲しい気持ちのときに、おすすめの精油です。

~・~・~・~・~・~・
◆フランキンセンス精油
~・~・~・~・~・~・

気持ちを落ち着かせたいときにオススメです。
マッサージと併用すると、香りも楽しめ、ストレス緩和する効果も期待できます。
古代から宗教儀式に使用されていたとされています。

秋は外に向かっていた気持ちを内側へと向けていくのに最適な時期。
お気に入りの香りを見つけてみてはいかがでしょうか?(^-^)

#岡野真弥

#アロマ

#ハーブ

#秋の不調

投稿ID:2185

FiNCサービス一覧