category_tag_icon

コッコアポ【公式】

理想のカラダを目指すには? 女性が知っておきたい4つの漢方薬

コッコアポ【公式】

 

カラダのプチ不調、そのままにしていない?

女性には生理や出産などがあり、一生の中でカラダのバランスが大きく変化します。
病院に行くほどではないけれど、だるさや疲れ、冷えなど、さまざまな“不定愁訴(ふていしゅうそ)”を抱えたまま過ごしている人も多いのではないでしょうか。

さらに、ニューノーマル時代における生活様式や働き方の変化にも対応が求められるとき。運動不足やストレスなども自分なりに解消していく必要があります。

そういった日々の中で現れる“なんとなくの不調”を改善したいときに「漢方薬」という選択肢があります。長い歴史の中で築き上げられてきた漢方には、女性がより健やかに、美しく生きるための知恵が詰まっています。

女性が知っておきたい「漢方薬」4選&生活習慣のポイント

女性に多いお悩みに合わせて、知っておきたい漢方薬を4つ紹介。
生活習慣で心がけたいことも合わせてチェックしてみて。

※現在医師の治療を受けている方は、服用前に一度かかりつけ医に相談しましょう。

知っておきたい漢方薬①「防風通聖散」(ぼうふうつうしょうさん)

「防風通聖散」は18種類の生薬の組み合わせで構成され、肥満症、高血圧に伴う肩こりやのぼせ、蓄膿症、湿疹・にきびなどに用いられます。

【こんな人におすすめ】
食欲旺盛で、つい食べ過ぎてしまう人、便秘気味の人、お腹まわりが気になる人におすすめです。

キャプション画像

【生活習慣のポイント】
脂っこいものは控えて、食物繊維を多く含むバランスの良い食事を摂ることが第一。間食やお酒も減らすのも効果的です。ゆっくり噛んで食べる習慣をつけて、できるだけカラダを動かしましょう。

知っておきたい漢方薬②「大柴胡湯」(だいさいことう)

「大柴胡湯」は、体格がよく体力もある人で、便秘がちで、脇腹からみぞおちの間が張って苦しい場合、また胃炎、肥満症などの症状がある場合に用いられます。

【こんな人におすすめ】
食事にムラがある人、イライラして怒りっぽい人、脇腹などが気になる人におすすめです。

キャプション画像

【生活習慣のポイント】
とにかく生活の中でストレスを発散して、溜め込まないことが大切。1回の食事でドカ食いしないように意識しましょう。リラックスするため、湯船につかって深呼吸することも試してみましょう。

知っておきたい漢方薬③「防已黄耆湯」(ぼういおうぎとう)

「防已黄耆湯」は、胃腸を元気に整えることで食べたものをエネルギーに変えて、それをきちんと使うための代謝を活性化。筋肉も引き締まって、むくみを改善します。

【こんな人におすすめ】
あまり食べないのに太ってしまう、疲れやすい、といった症状が気になる人におすすめです。

キャプション画像

【生活習慣のポイント】
日常的に汗ばむ程度の軽い運動などをプラスして、筋肉を増やしていくことを心がけましょう。飲み物を一気にたくさん飲まないこと、消化の良い食事を摂ることも重要です。

知っておきたい漢方薬④「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)

「当帰芍薬散」は、虚弱気味で冷えを伴う婦人科系の様々な症状がある場合に用いられます。

【こんな人におすすめ】
疲れやすい、冷え、むくみ、月経痛、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、耳鳴りなどが気になる人におすすめです。

キャプション画像

【生活習慣のポイント】
まずは、カラダを温めることを優先。特に、おなか、首、ふくらはぎを意識して温めると◎。赤身の肉などをしっかり摂り、カラダを締め付ける服装は避けましょう。湯船につかることも、ぜひ毎日の習慣にしましょう。

===
体質をきちんと把握し、自分にマッチする「漢方薬」で毎日をイキイキと。
ぜひ日々の生活に取り入れ、継続してみてください!

#クラシエ #コッコアポ #代謝アップ #漢方薬 #2020 #pr

text:REIRI HASHIBA

投稿ID:5081