category_tag_icon

小林麻利子

「気温30度超えの日」のお風呂の入り方

小林麻利子

眠りとお風呂の専門家
睡眠改善インストラクター・温泉入浴指導員の資格を持つ。
「美は自律神経を整えることから」を掲げ、生活習慣改善サロンFluraを開業。最新のデータ、研究をもとに、睡眠や入浴、運動など日々のルーティンを見直すことで美人をつくる『うっとり美容』を指導。生活に合った無理のない実践的な指導が人気を呼び、約2000名以上の女性の悩みを解決し、雑誌やTVなど多くのメディアで活躍中。

暑い日が続くと、ついシャワーだけで済ませたり、入浴が億劫・・・という方も多いのではないでしょうか?
毎日の入浴は、良質な睡眠にもつながります。暑さで疲れが溜まっているときこそ、入浴習慣を見直してみましょう。

暑い日の入浴方法は?

暑い日の入浴は、38度程度の炭酸ガス系入浴剤を溶かし切ったお風呂に浸かるのがおすすめです。高濃度の炭酸ガス系の入浴剤は、炭酸が効率よく血流を促してくれて、暑い日や時間のない日に、入浴時間を短縮できます。10分程度、鎖骨まで浸かるようにしましょう。
ただし、もちろん無理は禁物です。暑い日はとくに、入浴が心地よいと感じられる範囲で、水分補給も忘れずに行いましょう。
また、清涼感のある入浴剤で香りや色味を変えるだけでも、暑さを緩和でき、リフレッシュできます。ペパーミントやハッカなどに含まれる、メントールは、神経を刺激することで、実際には冷えてないのに、冷たく感じます。暑いのに寒い…不思議な感覚で、暑くてお風呂なんて無理…という方はぜひ試して頂きたいです。青色の入浴剤も視覚から涼しく感じるのでリフレッシュできます。

キャプション画像

私たちは19時〜21時頃が最も深部体温が高く、そこから朝方4時頃にかけて下がっていきます。お風呂で血流がよくなることで、さらに放熱しやすくなるので、夏の課題である、熱ごもり状態による寝付きの悪さを解消することができます。

あらかじめエアコンをつけて快適温度にしておき、就寝1時間前にはあがるようにしましょう。

入浴後の環境を整える

室内の冷やし過ぎによる「冷え」には要注意。お風呂でせっかく温まったのに、末端が冷えてしまっては台無しです。
寒すぎると、末端の血管が収縮してしまい、放熱を妨げてしまいますし、逆に暑すぎると、汗が肌にまとわりついて、それも放熱を妨げてしまいます。

入浴を見越して、室温を急激に下げておくことはせず、26度前後にキープしておきましょう。

キャプション画像

お風呂上がりにかいた汗により、冷えてしまうこともあるので、室温調整や着衣で調節してみてください。また、髪の毛が濡れたままの状態も、冷えの原因に。お風呂上がりのドライヤーは、暑くて敬遠しがち・・・という方は、冷風と組み合わせたり、扇風機の風を当てながら素早く乾かしましょう。濡れたままの状態は、冷えもそうですが、髪の毛の傷みにもつながってしまいます。

冷やし過ぎに注意して、入浴後から1時間以内に眠りにつくようにしましょう。

▼関連記事はこちら

寝苦しさから解放!ぐっすり眠る方法とは

    小林麻利子

    4367VIEWS

    お風呂のプロも実践! 生理中の入浴方法

      小林麻利子

      24113VIEWS

      生理中の「デリケートゾーン」の正しいケア

        小林麻利子

        8973VIEWS

        ▼生理のお役立ち情報をお届け!

        キャプション画像

        出典:finc://group_entry?community_group_id=1016327

        ▼生理記録はこちら

        キャプション画像

        出典:finc://mypage/menstruation

        #生理 #生理ラボ #生理記録 #月経 #月経リズム #女性ホルモン #生理日 #小林麻利子 #入浴 #睡眠 #PMS #今こそカラダ #2020

        投稿ID:5060