category_tag_icon

ポカリスエット イオンウォーター【公式】

上手な水分補給がポイント。今こそ「入浴」を見直して健康になろう

ポカリスエット イオンウォーター【公式】

ポカリスエットの電解質組成はそのままに 運動中や入浴前後など、しっかり汗をかいたときはもちろん、 低カロリーで、甘さ控えめ、常温でもおいしく飲めるから、日常のシーンにもぴったり!

今こそ「入浴」を見直して、カラダを整えよう

気温の低下や乾燥で、体調管理が難しい季節。また在宅勤務が続くことによるストレスも気になります。
そんな中、注目されている生活習慣が「入浴」です。
イキイキと毎日健やかに過ごすためにも、身近な生活習慣から見直していきたいもの。意外と見落としがちな入浴時の水分補給についてもチェックしてみましょう。

入浴のメリットと入る時のコツとは?

温活美容家として活躍するFiNCアンバサダーのおぬまあすかさんに、ご自身の経験と、入浴のポイントを伺いました。

キャプション画像

おぬまあすかさん
温活美容家。20代前半、様々なダイエットでリバウンドや体調不良をくりかえした経験から、温活の大切さにたどり着き、20kg減のダイエットにも成功。頑張り過ぎないで、ゆるく続けられる温活法『ゆるぽか美活』を発信している。

お風呂に浸かることはカラダにもココロにもいい

キャプション画像

ーーそもそも入浴はどうカラダにうれしいことがあるのでしょう?
「シャワーで済ませた日と湯船に浸かった日、翌日のカラダの軽さが違うと感じたことはありませんか?
私が考える入浴のメリットは、カラダを温めてめぐりを促せること。
末端が冷えたり、上半身が火照りやすかったりなど、冷えには様々なタイプがありますが、仕事や育児で忙しい女性は特に、入浴時間を十分に取れないことによる冷えもあるように思います。
湯船にゆっくり浸かると深部体温を上げることができます。寝る前に体温を一時的に上げておくと、寝る頃に体温が下がり入眠しやすくなります。いい眠りにつながるので、免疫の面においても注目されていますよね。
また、心の疲れがほぐせることもメリット。ストレスがあると血管が収縮してめぐりが悪くなり、全身の健康に影響を及ぼすことも考えられます。お風呂でカラダの芯まで温めて、リラックスする習慣をつけていただきたいです」

心地よい入浴で、めぐりをアップ!

キャプション画像

ーーめぐりをよくするために、入浴時にやっていることは?
「私は短時間で効率よく汗をかいて湯冷めしにくくするために、自然塩をお風呂に入れています。カラダが早く温まるし、肌のうるおいもアップするように感じます。
お風呂の温度は38〜40℃、入る時間は10〜20分くらいをおすすめしていますが、カラダに負担をかけないよう、ご自身が心地よく感じられて、続けられる方法を見つけていただくのがよいと思います。シャワーしかできない日は、足湯をしながら浴びるといいですよ。

私も今より体温が低く20kg太っていたときはシャワーで済ませることが多かったのですが、湯船に浸かる習慣をつけてから、柔軟性が高まったと感じています。
お尻だったり背中だったり、太腿の裏だったり・・・、自分のカラダのどこが冷えているのか、どこが詰まっているか、普段の生活ではわかりづらいと思うんです。そういう場所に気づきやすく、簡単に温めてめぐらせられるのが入浴。入る前に軽くストレッチしてから水分をとり、湯船に入ってからはカラダの気になる部分をほぐすのがおすすめです。
私自身、入浴を含めた温活でカラダが冷えにくく、疲れが残りにくくなりました。短期ではなく長期的にできる健康習慣として、心も安定する入浴は本当におすすめです!」

意外と忘れがち!?お風呂に入る時の「水分補給」

キャプション画像

ーー入浴時、特に大切にしてほしいことはありますか?
「私は気持ちよくカラダを温めてめぐりを促すためにも、水分補給を必ず心がけています。『湯船に浸かっても汗をかけない』という人が多いかもしれませんが、入る『前』に飲みものをとることができていないのではないでしょうか。
水分をとって入浴したときとそうでないとき、カラダの温まり方や汗の出かた、その後のスッキリ感が違うと感じます。めぐりが悪いと疲れが取れないし、冷えにとってもよくないと思うんです。せっかくお風呂に入るのにもったいないですよね。カラダがうるおった状態でのカラダの循環を、ぜひ意識してみてください。
飲みものは内臓に負担をかけないよう、常温または温かくしたものがいいでしょう。スムーズにカラダへ吸収され、長時間うるおし続けてくれるものがあると、なおいいですね」

入浴時の水分補給に「ポカリスエット イオンウォーター」がおすすめ

お風呂の入り方の好みは人それぞれですが、おぬまさんが実践されているように、水分補給は入浴時に失われる水分をカバーするためにも、とても大切です。

おすすめなのが、水分とイオンをスムーズに補給できるというポカリスエットの電解質組成はそのままに、カロリー控えめな「ポカリスエット イオンウォーター」
入浴時におすすめの理由を、4つのポイントでみてみましょう。

キャプション画像

「ポカリスエット イオンウォーター」は選べる5タイプ。左から250ml、300ml、500ml、900ml、パウダースティックタイプ(180ml用)

「ポカリスエット イオンウォーター」の4つのポイント

1.カラダに負担をかけることなく、スムーズに吸収される
実は入浴は想像以上に汗をかく行為。「ポカリスエット イオンウォーター」は水分と一緒に失われたナトリウムなどのイオンを適切な濃度で含んでいるので、水よりも効率よくカラダに吸収されます。

キャプション画像

出典:大塚製薬 佐賀栄養製品研究所 2013年試験 /成人男性9名で試験
ポカリスエットイオンウォーターと水をそれぞれ2%の脱水相当量摂取し、血漿量変化率を評価

2.カラダの中を、長い時間うるおし続けてくれる
カラダの水分(体液)に近い水分組成なので、水と比べてカラダの外に排出されにくいのがポイント。長時間にわたって、カラダをうるおし続けてくれます。

3.甘さ控えめでスッキリとした後味
夜に行うことが多い入浴で気になるのはカロリーですが、イオンウォーターは100mlあたり11kcalと低め。スッキリとした後味なので、入浴前後でもゴクゴク飲めます。

4.常温でもおいしく、必要な量を飲める5タイプ
日常の様々なシーンで飲用できる5タイプがラインナップ。スティックタイプはお湯で溶いてホットにしてもOK。入浴時はもちろん、日常のさまざまなシーンでおいしく飲めます。

「ポカリスエット イオンウォーター」をおともに、うるおいをキープしよう

キャプション画像

運動していなくても、普段の生活でカラダは意外と乾きがちです。「ポカリスエット イオンウォーター」なら、スムーズにカラダへ吸収され、うるおいを長くキープできます。
入浴には様々なメリットがありますので、しっかり水分を補給しながらカラダの芯まで温まる冬の健康習慣を始めてみませんか。

▼詳しい製品情報をチェック

▼購入はこちらから

キャプション画像

出典:finc://mall?request_type=article&article_id=4777

#ポカリスエット #イオンウォーター #大塚製薬 #入浴 #2020 #pr

投稿ID:5146