category_tag_icon

作成日:2019/03/19

皮下脂肪燃焼のための大切なポイント

ヴィーガン王子💋ゆうき

ホスト歴12年
僕は不規則な生活の中で
体型や体調を崩し辞めていく仲間を見てきた
自身も1年目に体型、体調を崩し始め
176㎝58㎏→70㎏に
それを機に食事管理やトレーニングを中心としたウエイトコントロールを真剣に学び習得しました。
今では痩せるも太るも自由自在に♡
アナタの目的、叶えます♡
■資格
FiNC認定パーソナルトレーナー
一般社団法人アンチエイジング学会プロフェッショナルアドバイザー

お腹周りの皮下脂肪の厚みを減らしたい!!男女関係なくそんな悩み解消のためにダイエットに励む方は多いですよね。手強いお腹の皮下脂肪を効率よく減らすためには、コツを知ることが重要です。この記事ではお腹回りの脂肪燃焼のポイントを中心にご紹介します。

お腹周りに皮下脂肪が増えるメカニズムとは?

キャプション画像

一度ついたらなかなか取れない皮下脂肪!

お腹周りについた脂肪は「皮下脂肪」という名前のとおりに、皮下組織に蓄積した脂肪です。厄介なことにこの皮下脂肪は内臓脂肪に比べると、一度ついてしまうとなかなか減らしにくいのです。
さらに女性の身体には妊娠出産に備えて衝撃や冷えから守り、子育て期間の授乳時に備えて栄養を蓄えるメカニズムがあります。そのため、特に男性よりも女性のほうが皮下脂肪がつきやすい仕組みになっています。

脂肪燃焼のメカニズムを理解しよう!

男性よりも皮下脂肪が付きやすい女性は、一度蓄積された余分なお腹周りの脂肪を落とすためには、食事や運動など地道な努力が必要です。
まずジョギングやウォーキングなどの主に脂肪と糖質を消費する有酸素運動を取り入れることがおすすめです。
同時にエネルギー代謝をスムーズにする「ビタミンB1」など、脂肪燃焼に効果的な食材を積極的に摂りたいものです。

お腹まわりの皮下脂肪を落とすには?

キャプション画像

脂肪燃焼のメカニズムを理解することからはじめよう

脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の二種類があります。
白色脂肪細胞の働きは過剰エネルギーを中性脂肪として蓄えること。
そのためお腹周りを中心とした皮下脂肪の原因とってしまいます。
それに対して褐色脂肪細胞には脂肪を燃焼させる働きがあります。

脂肪は分解してから燃やして落とす!

脂肪を燃焼させるには、そのメカニズムを知ることが重要です。皮下脂肪に蓄えられた中性脂肪は、運動などで「遊離脂肪酸」という形に分解される必要があります。
そして運動を継続していると、リパーゼという酵素がさらに活性化され、中性脂肪を分解してくれます。しかし、運動で消費されなかった遊離脂肪酸はまた肝臓へ取り込まれ、中性脂肪が多く作られます。
ウォーキングやジョギング・水泳などを一日のうちで合計30分以上(小刻みでいいので)、何らかの運動を習慣づけたいものです。

お腹の皮下脂肪は長期計画で落とす!

キャプション画像

お腹周りの皮下脂肪を落とすには、運動習慣と食習慣両方の改善を組み合わせる長期計画が効果的。お腹の皮下脂肪対策には、焦らず急がず確実に取り組むことが大切です。

▼手軽にできる脇腹キュッとマッサージ

play_icon

ぷよぷよ撃退!手軽にできる脇腹キュッとマッサージ

  • #ダイエット
  • #身体の引き締め
  • #腸内環境
  • #お腹(下部)

山崎愛香

12269VIEWS

▼その場でできる運動不足のための有酸素運動

play_icon

【運動不足のあなたに】簡単有酸素運動

  • #ダイエット
  • #運動不足解消
  • #身体の引き締め
  • #冷え性
  • #健康増進

SHINOBU

5014VIEWS

#お腹

投稿ID:4019

FiNCサービス一覧