category_tag_icon

inゼリー【公式】

美肌キープになぜ大切? 知っておきたい「コラーゲン」のこと

inゼリー【公式】

飲むコンディショニングアイテム「inゼリー」。マルチミネラルやマルチビタミン、プロテインなど必要な栄養を手軽に美味しくチャージ。inゼリーがあなたのいきいきをサポートします。

5月に入って日差しが強まり、室内にいても肌のトラブルが増えやすい季節。紫外線を一度に多く浴びると日焼けを起こし、また長く浴び続ければしみやたるみなど、肌の表面や内部に悪い影響が……。それには肌内部の「コラーゲン」が深く関係しています。
ですが、そもそも「コラーゲン」ってどんなものか、どうカラダの中で働いているのか、知らない人も多いのでは?

改めてカラダの中でのコラーゲンの役割や摂り方のコツをおさらいしてみましょう!

レクチャーしたのは管理栄養士のMisaki

キャプション画像

FiNC管理栄養士が解決! 「コラーゲン」ってどんなもの?

キャプション画像

「コラーゲン」は、皮膚、血管、腱、軟骨などを構成する繊維状のたんぱく質のこと。
全身に幅広く分布し、カラダを構成する全たんぱく質の30%を占めています。そのうちの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に、その他は血管や内臓などに存在しています。

キャプション画像

皮膚の組織は表面から表皮、基底膜、真皮とあり、そのすべてにコラーゲンはあります。また骨はコラーゲンとカルシウムの組み合わせで丈夫な構造になっています。私たちのカラダになくてはならないものなんです。

キャプション画像

コラーゲンが多く含まれる食材は、牛すじ肉、豚白モツ、手羽先、ウナギ、魚の皮などです。
コラーゲンを食べると、消化吸収の過程でアミノ酸やペプチドなどの小さい分子に分解され、体内でたんぱく質を作る材料になります。ですので、そのまま肌のコラーゲンになる訳ではありません。そのため、たんぱく質などの必要な栄養素をバランス良く食事で摂れていれば、積極的にこれらを食べなくても大丈夫ともいえます。

体内でのコラーゲンの合成にはさまざまなビタミンやミネラルも必要なため、コラーゲンやたんぱく質だけでなく栄養バランスを意識しましょう。中でもコラーゲンの合成に必須なのが、ビタミンC

キャプション画像

ビタミンCはブロッコリー、ゴーヤ、赤ピーマン、いちご、キウイなどのほか、熱で壊れにくいじゃがいもから摂取するのもおすすめです。

キャプション画像

加齢による「自然老化」、紫外線を浴び続けることによる「光老化」によって、コラーゲン量は減少することがわかっています。コラーゲンの減少は、老化によってコラーゲンを作る能力が低下することと、コラーゲンが崩壊することにより生じます。
肌のコラーゲンが減少すると、しわやたるみの原因に。日々の食生活に不安がある人は、良質なコラーゲンを補うことを試してみましょう。

【こんな食生活の人は気をつけて】
・朝食、夕食抜きなどで食生活が乱れがちな人
・ダイエットなどで、栄養バランスが偏りがちな人
・お菓子でお腹を満たしがちな人

美肌キープに賢くインナーケア! 「おいしいコラーゲンゼリー」

キャプション画像

「おいしいコラーゲンゼリー」(1袋180g) は手軽にコラーゲンが摂れるゼリー飲料。ピーチ味でおいしく、エネルギーは80kcal、脂質ゼロ。

食生活が不規則になりがちな女性におすすめなのが「おいしいコラーゲンゼリー」。吸収しやすいコラーゲンペプチド5000mgとセラミド配合。コラーゲン独特の臭いがなく、ピーチ味でおいしく食べられるのがポイント。

食べごたえもしっかりあるので、朝や忙しいときの小腹満たしおやつがわり、デザートにもおすすめです。

#おいしいコラーゲンゼリー #コラーゲン #管理栄養士 #2020 #pr

投稿ID:4970