category_tag_icon

西岡麻央

「ゆらぎ肌」対策におすすめ! ほっこりポタージュ

西岡麻央

料理研究家。国際中医薬膳師。

中医学の知識をベースに、健康や美容に特化した料理を開発しています。
その他、企業へのレシピ提供やパンフレットのスタイリングなどを中心に活動中。
パワーサラダ専門店ハイファイブサラダメニュー監修。

お悩みの症状解決レシピのご提案や、心と体のバランスを整える新習慣をご紹介させていただきます。

無理なくできるヘルシーライフスタイルを一緒に見つけていきましょう♡

生理前や生理中はホルモンバランスの乱れや体調の変化があり、ゆらぎ肌(*1)になることもあるのではないでしょうか。
しっかりと睡眠をとったり、頑張りすぎず、ゆっくりとリラックスする時間を過ごすことも大切。そして、できる限り免疫力を高めるために栄養バランスに気をつけた食生活にしたいですね。

温かいポタージュは、ホッと気持ちも和らぎますし、固形のものよりも、すんなりと体に栄養を送ることもできます。ビタミンやカロテンを含むにんじんと、「飲む点滴」とも称される甘酒を使ったレシピです。

(*1)ゆらぎ肌・・・ここでの「ゆらぎ肌」とは、肌のバリア機能が下がるなど、安定しないお肌の状態のこと

にんじんとかぼちゃのホットポタージュ

<材料・分量>
にんじん      70g
かぼちゃ      140g
生姜         3g
塩         ひとつまみ
牛乳        200ml
麹甘酒   大さじ3

<トッピング>
オリーブオイル   適量

【手順1】
にんじんとかぼちゃはひと口大に切ったら耐熱容器に入れて600wの電子レンジで3〜4分、柔らかくなるまで加熱する。

【手順2】
1をミキサーに入れて刻んだ生姜、塩、牛乳を加えたら滑らかになるまで撹拌する。

【手順3】
2を鍋に入れて中火で一煮立ちさせ、火を止めて麹甘酒を加えて混ぜたら器に盛り、オリーブオイルをかける。

解説

根菜の多くは、体を温めてくれる働きを期待できます。にんじんに含まれるビタミンAは体内の粘膜の状態を整えて免疫力向上に繋がります。

またかぼちゃに含まれるβカロテンにも皮膚を丈夫にしてくれたり、免疫機能にも関係しています。
ビタミンAであるβカロテンは、油を使った調理によって摂取することで、増加することが知られているため、オリーブオイルを用いています。

中医学では、生姜には発散の作用があり、外から体内に邪気が入ることを防いでくれると言われています。
飲む点滴と言われる美肌食材「甘酒」を入れることで、優しい甘みも加わります。

キャプション画像

出典:finc://group_entry?community_group_id=1016327

#生理
#生理ラボ
#月経
#レシピ
#食事
#ビタミン
#ゆらぎ肌
#西岡麻央
#2020

投稿ID:4811