category_tag_icon

石坂優子

美痩せ丼シリーズ♡『ボリューム満点!牡蠣と舞茸のオム丼』

亜鉛たっぷり!心も身体も元気!

石坂優子

美容栄養アドバイザー・食育研究家の石坂優子です。

元ミス・ユニバース・ジャパン美容栄養学講師で、現在はレシピ&メニュー開発をメインに女性への美食トレーニングやこどもたちの食育活動など健康と食に関わる色〜んな場面で活動しています。

2016年6月生まれの女の子のママです。

皆さんの健康のためにレシピやコラムを書いて行きたいと思ってます。

美味しい笑顔は世界をつなぐ!

美しい身体をつくるごはんをテーマにレシピをご紹介します!

・簡単に作ることが出来てボリュームのある代謝アップを目的とした【美やせ丼】です。 
・代謝アップ食材:牡蠣(亜鉛)小松菜(鉄分)卵(タンパク質)
・野菜・きのこ総量178g 
・亜鉛の1日の推奨量を1食で摂ることが出来る丼です。

#主食 #野菜 #簡単 #魚介 #ご飯もの #和食 #FiNCメソッド #野菜たっぷり #量増し #石坂優子 #美痩せ丼シリーズ♡『ボリューム満点!牡蠣と舞茸のオム丼』

材料・分量

4人前

牡蠣

10個(150g)

舞茸

100g

押し麦

0.5合

白米

1合

白だし

大さじ2

大さじ3

適量

ごま油

小さじ1

水切り絹豆腐

100g

4個

小松菜

1束

にんじん

120g

たけのこ

30g

白だし

小さじ1

柚の皮

4枚

手順1

白米と押し麦を洗い水をしっかり切っておく。にんじんとタケノコは3㎝の短冊切りにして5分ほど下茹でしておく、小松菜は塩ゆでして水で冷やしてしぼり、3㎝に切る。豆腐はキッチンペーパーではさみ、重しをして水を切る。

キャプション画像

手順2

炊飯器の釜に白米、押し麦、白だし、酒を加え、炊飯器の1.5合の線まで水を入れて混ぜる。その上に舞茸と牡蠣を置き、炊飯する。

キャプション画像

手順3

ボウルに卵と豆腐を入れてよく混ぜ、手順1のにんじん、たけのこ、小松菜を加えてよく混ぜる。

キャプション画像

手順4

小さいフライパンを中火で熱してごま油をひき、手順3の生地を流し入れる。よくかき混ぜ、半熟状態で火からおろす。

キャプション画像

手順5

2の牡蠣ご飯の1/4を器に盛り、4のオムレツを乗せる。

キャプション画像

投稿ID:4647