category_tag_icon

MAYUKO

骨盤が開くってどういうこと?正常な位置に戻す方法は?

MAYUKO

FiNC所属 ヨガインストラクター/パーソナルトレーナー

2006年歌手としてソロメジャーデビュー。
10年以上ヨガに取り組む中で更に学びを深める為、渡米。NYにて全米ヨガアライアンスを取得。帰国後、転身。現在はFiNCオフィシャルサポーターとして、YOGAJAPANや1000人規模のヨガイベントなどで活動中。

Instagram@mayu_yogalife







骨盤は体を支える非常に重要なものです。また、ボディラインが綺麗な人は骨盤の形も綺麗だとされているため、美の観点においても大切です。一方で姿勢が悪いと骨盤は開いた状態になり、体にもさまざまな影響を与えます。
今回は開いた骨盤を締めるためにできるストレッチについて紹介します。

骨盤の役割

骨盤は、人間の体の中心部にあり、上半身と下半身をつなぐほか、内臓や生殖器を守るという非常に重要な役割を持っています。私たちが普段歩くことができるのも骨盤が股関節や背骨を繋げてくれているからです。

骨盤が開いてくる

骨盤は正常な形をしていると逆三角形になります。

しかし、運動時に衝撃を受けたり、悪い姿勢が習慣になっていたりすると、骨盤がずれてしまったり開いてしまったり、緩んだり、骨の向きが傾いたりすることがあります。また、女性の場合は出産によって骨盤が開くこともあります。

骨盤は上半身と下半身をつないでいるため、骨盤の歪みは上半身、下半身に連鎖的に伝わっていき、全身が歪んでしまう恐れもあります。その結果腰に負担がかかったり、ボディラインが崩れてしまったりとさまざまな影響を及ぼすことになります。

骨盤のゆがみには主に3つのタイプがあるとされています。

・反る:骨盤全体が後ろに反ってしまっている状態。ぽっこりお腹や猫背などに繋がる恐れがある
・開く:本来は逆三角形の骨盤が開いたことで四角形になっている。筋力低下が原因
・ずれる:上下や前後に骨盤がずれている状態。お尻が垂れたり、太ももが太くなったりする恐れがある

開いた骨盤を締めるには

キャプション画像

ストレッチ

開いたり、ゆがんだりした骨盤を締め、もとの綺麗な形に戻すための方法としてストレッチがあります。
ここでは、クアドリセプスストレッチとバランスボールを使ったストレッチを紹介します。

まず、クアドリセプスストレッチの手順は以下の通りです。

・前後に脚を開く
・後ろの脚の膝を床につける
・後ろ足の甲を持ち上げてかかとをお尻の方へ近づける

次にバランスボールを使ったストレッチの手順は以下の通りです。

・バランスボールの上に背筋を伸ばして座る
・骨盤を意識しながらバランスボールを小さく転がす

骨盤ベルト

骨盤の矯正ができる骨盤ベルトを利用するのも1つの方法です。骨盤ベルトは基本的に巻くことで骨盤の形を整えるため、手間がかかりません。

骨盤を締めて綺麗な体を

キャプション画像

骨盤は日頃の姿勢がいいのか悪いのかがダイレクトに現れる部分です。姿勢が悪いと簡単に骨盤も開いてしまいます。

一方で対策をとれば骨盤を締めることも可能です。
ぜひ今回紹介したものに取り組んでみてください。

骨盤について、他にも知りたい方には「HONEY STYLE」というサイトもおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね。

#honeystyle

投稿ID:4136