category_tag_icon

FiNC睡眠ラボ

「冷房病」に気をつけよう 夏にぐっすり眠るためのコツ vol.3

FiNC睡眠ラボ

睡眠にまつわるニュースをはじめ、ぐっすり眠るための生活習慣のコツ、リラックス方法、寝る前や起きたときに取り組みたいヨガ&ストレッチなど、快眠をサポートする情報を発信します。

オフィスでも、自宅でも、エアコンをつけっぱなしで過ごすことが増える夏。夏のオフィスは冬より寒い・・なんて思っている人も多いのではないでしょうか。
現代人は「カラダの冷えによる夏バテ」に注意。夜の睡眠にも悪影響を及ぼしますので、対策しておきましょう。
快眠術の専門家、岩田アリチカさんに話を伺いました。

教えてくれたのは岩田アリチカさん

キャプション画像

快眠術の専門家。睡眠環境、睡眠習慣のコンサルティング、眠りに関する教育研修、睡眠関連商品の開発、寝具の開発、睡眠環境アドバイザーの育成、などを行っている。日本睡眠学会会員、日本睡眠環境学会会員、米国NLP教会認定マスタープラクティショナー。

現代人の夏バテはエアコンによる冷えが原因

キャプション画像

まずはなぜ夏バテが起こるのか、押さえておきましょう。

昔の夏バテは、多量の汗が出て体内のイオンバランスが崩れることで起こっていました。消化・吸収力が低下して食欲がなくなり、エネルギー不足になっていたのです。
ですが現代の夏バテの原因は、発汗が少なすぎて夏に適応できなくなっていることが多いです。エアコンのきいた室内で長時間過ごすとカラダが冷えて血液の循環が悪くなり、カラダの隅々まで酸素や栄養素が行き渡らなくなります。

また、室内と屋外の出入りをくり返すことも、自律神経のバランスの乱れを招き、夏バテにつながります。
ヒトの自律神経が適応できる急激な温度差は5℃以内。外気の温度が変化しても脳や内臓の体温を一定に保つ機能が働いていますが、それ以上の温度差をくり返すと体温をコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。

自律神経には副交感神経と交感神経がありますが、睡眠中は副交感神経、活動中は交感神経が優位に働いています。その切り替えがスムーズにいかなくなると、眠りが浅くなります。また、自律神経の乱れは代謝系、ホルモン系にも影響を及ぼすので、カラダが重くなるのも当然なのです。

「夏バテ」に負けず、ぐっすり眠るための暮らしのコツ

キャプション画像

夏バテは睡眠にももちろん悪影響。快眠のポイントは、カラダを温め、リズムを取り戻すことにあります。
以下の項目をチェックしておくといいでしょう。

・室内と屋外の気温差を5℃以内に
最初に取り組むべきは、エアコンの工夫。室内と屋外の気温差が5℃以内が理想とされています。設定温度を調整し、冷やしすぎないようにしましょう。

・手足や肩の冷えをガードする
オフィスで過ごすときは、温度設定が自分でできないこともあります。首筋、手首、足首などの関節部から冷気が忍び込まないように、長袖や靴下でガードするのがおすすめです。首筋が冷えるときは、軽めのスカーフを巻くと良いでしょう。

・入浴してカラダを温める
カラダが冷えてしまったときは、お風呂でカラダを温めてから寝床に入りましょう。38〜40℃の湯でゆっくりと20分くらい入浴を。全身湯につけるのがつらいときは、半身浴を試してみてください。

・寝るときの温度・湿度に気をつける
睡眠中はできるだけエアコンの除湿を使用するなどして、敷きぶとんが蒸れないようにしましょう。室温は26℃ほどがちょうど良いです。

==
また、目が覚めたら朝日を浴び、熱めのシャワーをサッと。
夏野菜やスイカなど、旬のものを食べるのもカラダのリズムを整える働きがあるのでおすすめです。
適度に汗を流すことも大切なので、暑さを避けるだけでなく、軽い運動なども行うようにしたいですね。

夏と上手に付き合い、ぐっすり眠りましょう。

▼健康管理の第一歩!今日の睡眠時間をチェック!

キャプション画像

出典:finc://sleep_record/put

FiNC MALLの睡眠特集をチェック!

FiNC MALLでは快適な寝床環境を作る寝具、寝る前のリラックスタイムをサポートするアイテム、睡眠の質を高める機能性表示食品など、バラエティ豊かにラインナップ!
ぜひチェックして、熱帯夜も健やかな眠りを目指しましょう。

▼詳しくはこちらをタップ!

キャプション画像

出典:finc://mall?request_type=article&article_id=1745

#睡眠 #睡眠記録 #FiNC睡眠ラボ #岩田アリチカ #2020

投稿ID:5026