category_tag_icon

めぐりズム【公式】

冬こそ始めたい、患部の温めケアとは!?

めぐりズム【公式】

めぐりズムは、何かとストレスの多い環境で頑張る現代人に、「ほっとやわらぐ」ひとときをご提案するヘルスケアブランドです。

その腰痛・肩こり、もしかして!?冬を健やかに過ごすために、知っておきたいこと

気温がぐっと低くなり、健康面でのケアを一層気をつけたい季節。普段の生活のなかで、下記のようなことが気になりませんか?

キャプション画像

寒さが増すにつれて、体が冷えがち、疲れがたまりやすい、外での運動が億劫・・・など、思い当たる点があるのではないでしょうか。
さらに、在宅勤務や外出自粛などの影響から、生活スタイルにも変化が生じているため、活動量の低下による腰痛・肩こりも気になっている人が多いと思います。

腰痛や肩こりが気になったら、後まわしにしないで、患部の血めぐりをよくして、痛みやこりを緩和する温めケアを試してみましょう。

冬の腰痛・肩こりに、患部の血行促進

冬の不調原因のひとつとしてあげられるのが、血行不良。血のめぐりが滞ると、肩こりや腰痛、頭痛、冷え、むくみ、便秘、肌荒れなどを引き起こすと言われています。

そもそも患部の「血めぐり」とは・・・

血液は、身体の隅々の細胞に酸素や栄養素を運ぶ血液循環(血めぐり)と、老廃物や、痛みの原因となる疲労物質などを回収する新陳代謝を促してくれる存在です。

キャプション画像

運動不足や、長時間同じ姿勢でいるなど、カラダに緊張状態が続くと、血管が収縮し、血行が悪くなってしまいます。その結果、痛みやコリのもとが患部にたまってしまうのです。

健康的な生活のために、せっかく良い食事や運動をしていても、血めぐりが悪いと、なかなか軽減されないことも・・・。

冬の腰痛・肩こりには、バランスの良い食事、適度な運動、そして痛みやこりのもとを溜めないように、患部の血行促進にも注意してみましょう。

患部の温めケア、どうして大切!?

具体的に「血めぐり」対策といっても、何をすればいいのでしょうか?
カラダが冷えがちな寒い季節に、取り入れたいのが「患部の温めケア」です。

キャプション画像

気温の低い冬は、寒さで身を構えることで、姿勢が丸くなったり、肩に力が入ったりするせいで、筋肉が凝り固まってしまい、肩こりや腰痛を感じる方も少なくありません。また運動不足や冷えによって血行不良になってしまうことも。患部を奥まで温めることで、血行が促進され、痛みやこりのもとが流れやすくなり、症状の軽減につながります。
疲れや不調、腰痛、肩こりを感じたら、その日のうちに患部の温めケアを取り入れてみましょう。

「めぐりズム蒸気の温熱シート」がおすすめ!

冬を健やかに過ごすためには、温めケアも大切。とはいえ、日々のことなので、取り入れるのが難しいという人におすすめなのが、「めぐりズム 蒸気の温熱シート」シリーズです。 思い立ったそのときに、手軽に、じっくりと患部の温めケアができるアイテムです。

キャプション画像

一般医療機器 効果:温熱効果 左から)(肌に直接貼るタイプの販売名):めぐりズム 蒸気の温熱シートa1、(肌に直接貼るタイプ メントールinの販売名):めぐりズム 蒸気の温熱シートm1、(下着の内側面に貼るタイプの販売名):めぐりズム 蒸気の温熱シートb1

肩こり・腰痛をほぐす"肌に直接貼るタイプ"は、無香と爽快成分メントールinのほのかなミントの香りの2種類。"下着の内側に貼るタイプ"は、女性のおなか・腰に最適設計です。温熱効果で、深く温め、血行を促進してくれます。

キャプション画像

「めぐりズム 蒸気の温熱シート」は、貼るだけで、患部の温めケアができるシートタイプ。貼りつけると、心地よい蒸気の温熱が患部の奥まで、じんわり温め、血行を促進し、痛みやこりをほぐします。ゆっくりと温かくなり、5~8時間持続します。
においや蒸気も気にならず、薄手なので、シーンを選ばずに使用できるのも、日々のセルフケアに取り入れやすいポイントです。

愛用者に聞いた!どんなときに使ってる?

ヘルスケア情報に敏感なFiNCスタッフもこぞって愛用中。その活用シーンをご紹介します。

キャプション画像

寒い季節に貼るだけ「患部の温めケア」! 冬の腰痛・肩こり対策に

腰痛・肩こりなどの冬の不調には、患部の血行促進対策を。また季節要因だけではなく、新たな生活様式のなかで、働き方やライフスタイルにも変化が起きているとき。日々の疲れや腰痛・肩こりはそのままにせず、患部の温めケアをして、この冬に備えましょう。

▼「蒸気の温熱シート」の詳しい情報をチェック!

▼「蒸気の温熱シート」の購入はコチラから!

#めぐりズム #蒸気の温熱シート #肩こり #腰痛 #血めぐり #血行不良 #2020 #pr

投稿ID:5104