category_tag_icon

FiNCオフィシャル

睡眠の質を上げよう!最新テクノロジー3選

FiNCオフィシャル

「キレイに痩せるキレイが続く」をサポートします。

みなさんは普段からよく眠れていますか?
じつは、世界で最も短いと言われる日本人の睡眠時間。慢性的な睡眠不足は日中の集中力を奪うだけでなく、自律神経にも悪い影響があると考えられています。また、ちゃんと眠れていると思っていても「睡眠の質」が悪いと、生活習慣病のリスクを高めたり、症状を悪化させることも。

質の高い睡眠をとるにはどうすればよいのでしょう。その答えを探るため、今回は3つのテクノロジーをご紹介。みなさんも一緒に睡眠について考えてみてくださいね!

その① 自分の眠りが一目でわかる!西川「ねむりの相談所」

キャプション画像

眠りの悩みや問題点は千差万別。東京都千代田区にある「ねむりの相談所」では、睡眠の質や日中の活動量、寝室環境のデータをもとに、スリープマスターによる一人ひとりに合わせた睡眠のアドバイスを受けることができます。

キャプション画像

画像:「活動量計」(右)と「寝室チェックシステム」(左)。どちらもコイン大ほど。

今回カウンセリングを受けるのは、FiNC編集部30代女性のNさん。訪問後、日頃の生活や睡眠についてのカウンセリングを受け、こちらの2つの機器が手渡されました。これらは「活動量計」と「寝室チェックシステム」で、それぞれ日中の活動と睡眠中のデータ、寝室環境のデータを収集することができます。Nさんにはここから1週間、入浴時以外は常に「活動量計」を腰に装着し「寝室チェックシステム」を寝室の枕元において生活してもらいました。

カウンセリングスタート

キャプション画像

1週間後、機器持って店舗を再び訪れました。早速、スリープマスターで店長の竹内さんとともに、睡眠のデータを確認していきます。もともとNさんは睡眠に関して次のような悩みを持っていましたが……。

【30代前半女性Nさんの睡眠の悩み】
・寝つきが悪い
・途中で目覚めてしまうことが多く、朝疲れが取れていないと感じる
・日中の眠気が強い

キャプション画像

※「活動量計」によるデータ。睡眠時間だけでなく、日中の活動量や覚醒していた時間帯、就寝時の体の向きなどから総合的に1日ごとの睡眠の質を分析できます。

腰に装着していた「活動量計」の結果からは、横になってから眠るまでに約1時間もかかっており、やはり寝つきに問題を抱えていることが分かりました。
そのほかにも、深い眠りに入ることが望ましい睡眠直後に覚醒していたり、左右にバランスよく寝返りを打つことができておらず、「全体のバランスが取れていない」という結果に。

【Nさんの睡眠の問題点】
・入眠直後に覚醒している
・中途覚醒が多め
・バランスよく左右に寝返りを打つことができていない

続いて、眠りを妨げる原因を探るため、「寝室チェックシステム」のデータから寝室環境についても分析していきます。

キャプション画像

※「寝室チェックシステム」によるデータ。温度・湿度・照度・音圧を基準に睡眠環境を評価してくれる

こちらも「見直しが必要」という結果が出ました。Nさんの場合、それほど就寝環境が悪いわけではないですが、温度が高めであることや湿度の低さが睡眠の妨げとなっている可能性があるようです。また、ヒアリングをしていると、帰宅後にランニングをしたり、布団に入った後もスマートフォンを見る習慣があることが分かりました。

寝る前の過度な運動や、スマートフォンから発せられる強い光には覚醒作用があるので寝つきや睡眠の深さに影響を与えている可能性があります。竹内さんいわく、寝つきを良くするには睡眠のリズムを整えることが大切。そのために次のようなポイントを教えてくれました。

【睡眠の質を上げるポイント】
・寝る前にスマートフォンなどのデジタル機器を操作しない
・体内リズムを維持するため休日も平日の起床時間を大きく超えて眠らない(1-2時間の範囲内にとどめる)
・入浴は就寝の2時間前に(できるだけ湯船に浸かりしっかり体を温める)
・就寝前の水分補給はホットミルクやノンカフェインのハーブティなどがオススメ
・リラックス効果のあるアロマ(香り)を補助的に使うのもGood! ラベンダーやカモミール、スギやヒノキの香りなどいろいろ試して自分のお気に入りを見つけてみて

寝具を自分仕様に

睡眠の質は寝具とも深い関わりを持っています。「ねむりの相談所」には様々な寝具や睡眠のアイテムが揃っており、希望があれば、スリープマスターがあなたにぴったりの寝具を提案してくれます。

キャプション画像

※最適な枕の高さを知るために頭から肩にかけてのカーブを測定中。Nさんは枕を二つ重ねて使うこともあるそうですが、診断の結果、低めの枕が合うと判明。

キャプション画像

※センサー付きのマットレスによって体圧を測定。立ち姿勢に近い自然な寝姿勢をキープできているかを確認します。

Nさんは今回のカウンセリングを通して、いかに自分が睡眠に対して無頓着だったかを痛感したそうです。みなさんもより質の高い睡眠を目指してスリープマスターに相談してみてはいかがですか?

▼あなたの睡眠は大丈夫?今日の睡眠をチェックしてみよう!

キャプション画像

出典:finc://sleep_record/put

その②部屋着にリカバリーの発想「Re-Pose」

キャプション画像

近年リカバリーを目的とした衣類が注目を浴びています。その代表的なものがC3fit 「Re-Pose」シリーズ(Goldwin)。

「Re-Pose Series」は、光電子®素材を採用したコンディショニングウェア。光電子®繊維は体温を吸収して遠赤外線として効果的に身体に輻射することで、体温を維持すると考えられています。柔らかいスウェット素材なので、リラックス時から就寝時まで幅広いシーンで着られるのも魅力です。

その③スッキリした目覚めをサポートする「賢者の快眠」

キャプション画像

さまざまな方面から睡眠の質にアプローチしたいという方には機能性表示食品の「賢者の快眠」(大塚製薬)。
アスパラガス由来成分の働きで就寝・起床のリズムを整え、スッキリした目覚め感をサポートします。顆粒で水なしでも飲める手軽さも毎日の生活に取り入れやすいのではないでしょうか。

人生の3分の1を占め、仕事でのパフォーマンスだけでなく健康そのものも左右する睡眠。その質を上げるには、さまざまなアプローチがあることが分かりました。みなさんも、睡眠のログをつけたり今回ご紹介した睡眠の質を上げるポイントを参考にして毎日の睡眠を見直してみてくださいね。

▼あなたの睡眠は大丈夫?今日の睡眠をチェックしてみよう!

キャプション画像

出典:finc://sleep_record/put

#睡眠

#ねむり

投稿ID:4435