category_tag_icon

LION【公式】

もしかしてちゃんと選べていないかも!?「ハブラシ」の正しい選び方をチェック

LION【公式】

歯磨き、歯ブラシ、石けん、洗剤、ヘアケア・スキンケア製品、薬品、機能性食品等の製造販売を行なっているライオン株式会社のアカウントです。

私たちの1日は、ハミガキに始まりハミガキに終わる、と言っても過言ではないほどハミガキが習慣化していますよね。でも、それがしっかり行われていないと、その習慣がもったいないことに…。そのためにも、自分に合ったハブラシ選びが大切です!

自分に合った「ハブラシ」、ちゃんと選べていますか?

キャプション画像

幼い頃から毎日使ってきているハブラシ。オーラルケアのために欠かせないアイテムですが、お店には様々なタイプのものが並んでいます。
自分に合ったハブラシを選べていないと、磨き残しが起こり、口の中の状態を悪化させてしまうかもしれません。普段何気なく選んでいるハブラシ、選び方を見直してみませんか?

ハブラシ選びに大切なのはヘッドの「薄さ」だった?!

ハブラシ選びで意識したいのは、実際に歯に当たる「ヘッド」といわれるブラシ部分。

その中で、まず注目していただきたいのが、ヘッドの「薄さ」

ヘッドが薄いハブラシは、通常と比較して、奥歯の奥まで毛先を当てやすく、歯のすみずみまでしっかり磨くことができます。奥歯は、前歯に比べてムシ歯リスクが高いため ※、磨きづらさを感じていた人は、薄型ヘッドのハブラシを最初に選ぶことをおすすめします。
※厚生労働省、平成23年歯科疾患実態調査より

キャプション画像

  左:通常のハブラシ 右:薄いヘッドのハブラシ

歯の状態と好みに合わせて3つのポイントをチェック!

次にパッケージにある3つの表記をチェックしてみてください。
「毛の硬さ」「ヘッド長さ」「ヘッドの横幅」が表示されています。
それぞれ、何を選んだら良いか見てみましょう。

【ハブラシ選びのチェックポイント】

キャプション画像

チェックポイント① 毛の硬さ

毛の硬さは一般的に「ふつう」「かため」「やわらかめ」と表記。ハグキの状態によって選びましょう。
・「ふつう」はハグキの状態が健康な方、問題を感じていない方
・「かため」はしっかりした磨き心地を感じたい方
・「やわらかめ」はハグキの出血があり敏感な方
へおすすめです。

チェックポイント② 長さ

キャプション画像

ヘッドの長さは一般的に「レギュラー」「コンパクト」「超コンパクト」などと表記。
・「レギュラー」は、一度に広範囲を磨けるため、効率的に歯を磨きたい方
・「コンパクト・超コンパクト」は、細部まで届きやすいため、1本ずつ丁寧に磨きたい方
へおすすめです。

チェックポイント③ 横幅

キャプション画像

横幅は「ワイド」「スリム」、そしてヘッドに植毛されている毛の列で「3列」「4列」と表記。
・「ワイド」は一気に磨けるため、効率的に歯を磨きたい方
・「3列スリム」はピンポイントに毛を当てやすいので、1本ずつ丁寧に磨きたい方
へおすすめです。

つまり、早く一気に磨きたい方は、縦幅が長い「レギュラー」&横幅が広い「ワイド」タイプ。細かく丁寧に磨きたい方は、縦幅の短い「超コンパクト」&横幅の狭い「3列スリム」タイプを選ぶと良いでしょう。

一般的に現代人は、昔と比べてあごが小さくなっていると言われており、これまで磨きづらさを感じていた人は大きめのハブラシで磨いていたのかもしれません。
特に、あごの小さい人は、縦幅と横幅があるハブラシよりも「コンパクト」「スリム」「薄型」のハブラシを選ぶ方が奥歯など細かいところまで届きやすいでしょう。
ハブラシ選びを見直すだけで、スッキリ感が変わりますよ!

オススメの薄型ハブラシをチェック!

クリニカアドバンテージ ハブラシ

キャプション画像

ヘッドの薄さを極めた「極薄ヘッド」と極細ネックで、奥歯のさらに奥まで届く。歯並びが気になる人も1本1本磨きやすい。(日本歯科医師会推薦ハブラシ ※)

▼商品の詳しい情報をチェック

▼商品の購入はこちらから

システマハブラシ

キャプション画像

薄型ヘッドで口の奥まで届きやすく、超極細毛が歯周ポケットの奥の汚れをごっそりかき出す。(日本歯科医師会推薦ハブラシ ※)

▼商品の詳しい情報をチェック

▼商品の購入はこちらから

※日本歯科医師会は本製品の品質を保証し責任を負うものではありません。

【参考コラム】こまめに交換!毎日使うハブラシは1カ月に1回買い換えよう

キャプション画像

出典:(公財)ライオン歯科衛生研究所、日本小児歯科学会報告会、1985

意外と見落としがちなのが、ハブラシの交換時期。
ハブラシは、毛先が開いてしまうと歯面にしっかり当たりにくくなり、磨き残しの原因に。裏側から見たときに、ヘッドから毛先が少しでもはみ出していたら、交換のサインです。
また、完全に開いていなくても、毎日使っているうちに毛の弾力は失われていき、汚れを落とす力が弱まってしまいます(上図参照)。
最低でも1カ月に1本、ハブラシを交換するように心がけ、いつまでも健康的な歯を保ちましょう。

#ライオン #オーラルケア #ハミガキ #ハブラシ #2020 #pr

text:YUI MINEJIMA

投稿ID:5102