category_tag_icon

FiNCラボ

マスク熱中症に注意!今すぐ押さえておきたい対策まとめ

FiNCラボ

管理栄養士、理学療法士、スポーツ科学博士などで構成されるFiNCラボでは、専門家チームによる分析に加え、FiNC独自の視点により解析。「カラダ」のことをわかりやすくご紹介します。

まだまだ過酷な暑さが続く時期、気をつけたいのが「熱中症」。
今夏はマスクの着用やおうち時間の増加により、気をつけたいことが増えています。3つのポイントで紹介するので、おさらいもかねて、ぜひチェックしてみてください。

POINT1 熱中症ってどんな症状?

キャプション画像

「熱中症」とは、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもってしまう状態のこと。
屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。 熱中症による死亡者の数は、真夏日(最高気温が30℃以上)から増加します。35℃を超える猛暑日は特に注意が必要です。以下のような症状に気をつけましょう。

【熱中症の症状 】
・めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
・頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

・重症になると…
呼びかけに反応しない、返事がおかしい、意識消失、けいれん、体が熱いなどの症状が現れます。

POINT2 今年は「マスク熱中症」に気をつけよう!

キャプション画像

マスクをつけて外出することが多い今年は「マスク熱中症」に注意が必要です。
マスクをつけると皮膚からの熱が逃げにくくなります。また、マスクをしていると湿度を感じるため、喉のかわきを感じづらいことも。
気づかないうちに脱水しがちになったり、体温調節がしづらくなるため、熱中症が起こりやすくなります。以下の対策を徹底しましょう。

① 十分な距離をとって、マスクを外す
屋外で人と2m以上離れているとき、マスクを外してOKです。

② マスク着用時は、激しい運動を避ける
強い負荷のかかる運動は、熱中症のリスクが高まる恐れがあります。

③ 室内でも外出時でも、喉がかわいていなくてもこまめに水分補給
水分の摂取は、喉がかわいたときには遅いといわれます。1日あたり、1.2Lを目安に飲みましょう。

▼水を飲むコツはこちら

いつ飲む?どう選ぶ? 正しくおいしく「水」を飲むコツ

    FiNCラボ

    100475VIEWS

    ④大量に汗をかいたときは、塩分を摂る
    汗をかくとナトリウムが失われます。汗をかいたときは水分だけでなく、塩飴やスポーツドリンクなどで塩分を補給しましょう。

    ⑤暑さを避けるため、涼しい服装を心がける
    出かけるときは日傘や帽子を活用して、直射日光を避けましょう。
    また、体調が悪くなったら涼しい場所で休憩を。室内に入れない場合は日陰に移動しましょう。

    POINT3 エアコン使用時は換気に注意!

    キャプション画像

    おうちで過ごすことが多い今夏、エアコンで快適な室温にすることは熱中症対策に必須です。
    ただし、感染症対策もしっかりと行うことが大切。一般的な家庭用エアコンは、室内の空気を循環させるだけで、換気はできていません。エアコン使用中もこまめに「換気」をするように心がけましょう。

    ・窓とドアなど2カ所を開けて、こまめに換気しましょう(エアコンを止める必要はありません)
    ・扇風機や換気扇を併用しましょう
    ・換気後は、エアコンの温度をこまめに再設定しましょう

    ==
    #熱中症 #熱中症対策 #2020 #今こそカラダ

    投稿ID:5056